免疫力を高める効果が期待されているブロリコは、特許を取っている製品です。
特許を摂っている製品ですので、難しい病気といわれるリウマチにも効果があるのでしょうか?
調べていきたいと思います。
ブロリコはリウマチに効果は期待できるのか
リウマチとは、ギリシャ語で「流れる」という意味の言葉です。
筋肉や関節などに炎症や痛みを起こす病気の毒が、体のあちこちまで流れていって引き起こされるということから来たのだといわれています。
リウマチの主な症状としては、朝のこわばりと関節の腫れと痛みです。
そして、発病してから2年以内に軟骨や骨が壊れていくのだそうです。
すごく怖い病気ですね。
また、痛みがあるというのが、とてもお気の毒です。
痛がっているのをみるのは、周りにいる方々もとてもつらいと思います。
そして、壊れた骨や軟骨を元に戻すことは難しいので、関節の痛みや腫れの段階で早く治療することが大事だといわれています。
リウマチの原因としては、まだ不明なところがたくさんありますが、遺伝的なことも少しはあるとのことです。
しかし、ウイルスなどの感染などが引き金となって、発症すると考えられているとのことです。
ブロリコが活性化するというNK細胞は、体の中にウイルスやばい菌などが侵入したり悪性の細胞ができたりすると、すぐにそれらを攻撃して殺してしまうという細胞です。
このNK細胞は、20歳を過ぎると、だんだんと機能が低下していきます。
ブロリコを飲むことで、NK細胞を活性化させられるとしたら、リウマチにも効果が期待できます。
ブロリコとリウマチの関係性とは
遺伝性もあるけれど、リウマチの原因となるのが、ウイルスなどの感染なのだそうです。
ウイルス感染が引き金となって発症することがあるとのことなのです。
ウイルスなどが体に侵入すると攻撃してウイルスなどを殺してくれるNK細胞を活性化してくれるブロリコは、リウマチにも効く可能性がありますね。
60代の女性でリウマチを患っていらっしゃった方は、ブロリコを飲むことで痛みが緩和されたということです。
痛みがあるというのは本当につらいですね。
それが緩和できたというのは、大きいと思います。
また、リウマチ以外にも冷え性も改善したということで喜んでいらっしゃるようです。
ブロリコは薬ではありませんが、免疫力が高まることで改善される症状もあるんですね。