免疫力を高める効果が期待されているブロリコですが、喘息に効果はあるのでしょうか?
季節によって喘息が出たりするのは免疫力に関係があるのかなと思うのですが、どうなのでしょうか?
喘息は季節の変わり目によく出たりしますね。
10月頃がとくにつらかったように思います。
ブロリコが喘息に効くのかどうか調べていきたいともいます。
ブロリコは喘息に効果は期待できるのか
喘息は呼吸困難になったりすることもある怖い病気です。
咳やぜーぜーという呼吸がとても苦しいものです。
原因としてはアレルギー、感染、自立神経失調などいろいろな説があり、現在でもよくわかっていないようです。
でも喘息症状の原因は気道の炎症だということが、近年考えられるようになってきています。
喘息がひどくなったり、発作が起きたりするのは、風邪をひくことが引き金となることもあります。
その点でいうと、ブロリコは免疫力を高め、風邪をひきにくくなるという効果が出ている方も多いとのこと!
効果が期待できますね。
ブロリコと喘息の関係性とは
喘息症状の原因が気道の炎症だということですが、やはりウイルスやばい菌が体内に侵入し、炎症を起こさせたということが原因になるのでしょう!
となると、人間の体の中のNK細胞という細胞は、いつも体内でウイルスやばい菌が侵入していないか、悪性の細胞ができていないかなどを見張っていてくれるありがたい細胞なのです。
そのNK細胞は、ウイルスやばい菌が侵入したり、悪性の細胞ができたりすると、すぐに攻撃して、それらを殺してくれるのです。
そのNK細胞の機能を活性化させる成分がブロリコなのです。
NK細胞は免疫力を発揮する細胞といわれています。
そのNK細胞を活性化させるブロリコを飲むということは、喘息を起こしにくくさせるということにつながるのではないかと思います。
60代男性の方で、ひどい気管支喘息を患っておられまして、慢性の気管支炎で風邪をひくと発作の引き金となり、それは苦しかったということでした。
ですから、風邪をひくのがすごくこわくて、風邪をひかないようにいつも気を付けていたそうです。
でもよく風邪をひいて、それから発作が起きてと、辛い日々を過ごされていました。
しかし、ブロリコを飲んで5か月。
風邪をひかなくなったことに気が付いたそうです。
いつもは1日3粒、何となく風邪をひきそうなときには1日5粒を飲んだそうです。
効果が出て喜んでおられるとのことでした。
本当によかったですね。