免疫力を高める効果が期待される健康サプリメントのブロリコですが、アレルギーにも効果があるのでしょうか?
調べていきたいと思います。
ブロリコはアレルギーに作用するのか
アレルギーとは食物アレルギーもあれば、ハウスダストや花粉などによるアレルギーもあります。
アレルギーとは、体外から侵入した細菌やウイルスを防いだり体の中にできた悪性細胞を排除したりする免疫反応がアレルゲンに対して過剰に反応することによって起こるとのことです。
この免疫反応とはNK細胞がしている作用だと考えられます。
ですから、ブロリコを飲むことによってNK細胞が活性化されれば、アレルギーにも作用するということになりますね。
食物アレルギーの場合は、アレルゲンとなる食物を口にしたり触ったりしなければ、アレルギーが出ることはありません。
アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎、アレルギー性皮膚炎などにも作用した例があるとのことでした。
ブロリコがアレルギーに作用するまでの期間
ブロリコは健康食品であって、薬でも医薬品でもありません。
ですから、即効性はありません。
毎日コツコツ飲み続けることによって、少しずつ効果が見られるようになるとのことなのです。
個人差もありますし、体調にもよりますが、平均して2~3か月で効果がみられる人が多いようです。
91%のリピート率という事実からも効果は期待できるということです。
アレルギーの改善は大変時間もかかることです。
普通でも食物アレルギーなどでは、何年もかかるという場合もありますよね。
一言でこれだけの期間で作用しますということは、言えないと思います。
免疫力というものも目に見えるものではないので、どのくらい高まったかということも測ることもむずかしいです。
しかし、血流がよくなったという事実は冷え性が確かに改善したとか体温が上昇したとかいうことで感じることができるのです。
ブロリコを途中で飲むのをやめてしまったり、飲んだり飲まなかったりしたりすると、効果が実感できない場合があります。
毎日、推奨された量をきちんと飲み続けることで、体に良い作用が感じられるようになる可能性が高いのです。